« 大戦略WIN II | トップページ | いざ開幕 »

苦難の序章

実家からコンビネーションプロサッカー(アクセラ・PS)を持ってきて、数年ぶりにプレイ。

監督は欧州スタイル。さてチーム選択。思わず涙してしまった横浜フリューゲルス。戦略はゾーンプレスと言いたいところだが、それは将来的な話として、まずはサイドアタックで。しかし後日サイドアタックも慣れていないことが判明。

3-5-2、ドイスボランチを採用。

  レディ 吉田

三浦 永井 波戸

 佐藤一 山口

薩川 サンパ 前田

    楢崎

(レディ…レディアコフ、サンパ…セザール・サンパイオ)

左に三浦アツ、右に波戸という二人の代表(波戸は候補だっけ?)を配置し、どんどんセンタリングをあげてもらおうというところ。ブラジル代表サンパイオはボランチに置きたいが、ディフェンダーが手薄なための処置。
フリーキックも三浦アツ。控えには服部、原田など。

|

« 大戦略WIN II | トップページ | いざ開幕 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/1469335

この記事へのトラックバック一覧です: 苦難の序章:

« 大戦略WIN II | トップページ | いざ開幕 »