« 前期に強い? | トップページ | 世界の壁にあと少し 3年WCC »

最終戦に望みをかけて 3年後期

○ 2-0 エスパルス
● 2-2 アントラーズ(PK)
○ 1-0 レイソル(V)
○ 1-1 ガンバ(PK)
○ 1-0 マリノス
● 1-4 レッズ
○ 3-0 グランパス
● 0-1 ベルマーレ
● 0-0 ジュビロ(PK)
○ 2-0 ヴェルディ
○ 2-0 ヴィッセル
○ 1-0 ジェフ
● 0-1 サンガ(V)
○ 2-1 セレッソ
○ 3-0 サンフレッチェ
○ 3-0 アビスパ

 新システム、3-5-2が今ひとつ機能しない。3-5-2DVに比べ、パスが通りにくいことを示す赤線が出来るのだ。それを防ぐには選手の間隔を狭めねばならない。すると選手が真中に集まり、サイドアタックがしにくくなる。
 それを解決するため、全選手を自陣に下げるようにした。これで間隔が狭まる。しかしそのころには、快足FW吉田がなんと一ヶ月のケガ。おいおい。そして最終戦を二位で迎える。

1位 浦和レッズ      勝点32 得失点差+12
2位 横浜フリューゲルス 勝点30 得失点差+13

 勝点の差、2。なんとか自分は勝って、レッズが負けるのを待つしかない。

● 0-1 コンサドーレ

 あっさり敗戦。後期2位が決まる。救いはレディアコフが21点で得点王を獲得したこと。そしてレッズとチャンピオンシップだ。

チャンピオンシップ
○ 2-1 レッズ(三ツ沢)
● 2-3 レッズ(駒場)

 90分勝ちしたことのない相性の悪いレッズ相手に、点の取り合い。アウェー2倍ゴールのルールで、かろうじて総合優勝。初めてだ。そしてワールド・クラブ・チャンピオンシップに突入。

|

« 前期に強い? | トップページ | 世界の壁にあと少し 3年WCC »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/1567868

この記事へのトラックバック一覧です: 最終戦に望みをかけて 3年後期:

« 前期に強い? | トップページ | 世界の壁にあと少し 3年WCC »