« 最終戦に望みをかけて 3年後期 | トップページ | 優勝はしたものの 4年前期 »

世界の壁にあと少し 3年WCC

 12月。総合優勝したわがチームに、ワールド・クラブ・チャンピオンシップの出場権が与えられた。
 出場チームはアルゼンチンFC、オランダFC、スペインFC、そしてわがフリューゲルス。初戦、リバープレートには敗れたが、アヤックス戦ではサンパイオがFKを直接決めて1-0の勝利。ただ永井、佐藤一という攻撃の核を接触プレーで怪我させられてしまう。
 しかしレアル・マドリーとの試合には、なんとレディアコフがPKを二つ決めて2-0の快勝。4チーム中2位という好成績でWCCを終えたのであった。

                勝点 得失差
フリューゲルス  \●○○ 6 +2  2位
リバープレート  ○\○○ 9 +4  優勝
アヤックス    ●●\● 0 -5  4位 
レアル・マドリー ●●○\ 3 -1  3位

年間順位 1位
勝点69 25勝9敗 得失点差+35 51得点16失点

|

« 最終戦に望みをかけて 3年後期 | トップページ | 優勝はしたものの 4年前期 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/1576034

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の壁にあと少し 3年WCC:

« 最終戦に望みをかけて 3年後期 | トップページ | 優勝はしたものの 4年前期 »