« 優勝はしたものの 4年前期 | トップページ | フランスワールドカップへ! 5年目 »

試行錯誤のフォーメーション 4年後期+WCC

 日本人DF(名前も忘れた)の獲得に失敗し、オーナーがゴイティズ(アルゼンチン)を連れてきた。DFもFWもできる万能選手である。外国人は増やしたくないのだが。

オールスター戦
○ イースト 1-0 ウェスト

○ 1-0 エスパルス
○ 3-1 アントラーズ
○ 2-1 レイソル
○ 1-0 ガンバ
○ 2-0 マリノス
● 0-1 レッズ(V)
○ 2-0 グランパス   レディアコフ、ケガ
○ 1-0 ベルマーレ   ゴイティズ=薩川、仲良し
● 1-2 ジュビロ
○ 2-0 ヴェルディ
○ 3-1 ヴィッセル   瀬戸=波戸、コンビ
○ 2-1 ジェフ(V)   薩川=原田、仲良し
○ 3-0 サンガ
○ 4-0 セレッソ
○ 2-1 サンフレッチェ(V)
● 1-2 アビスパ(V)   優勝
○ 2-1 コンサドーレ

4年後期
1位 勝点40 14勝3敗 得失点差+21 32得点11失点

 16戦目、アビスパにVゴール負けしたが、同時に二位のヴィッセルも延長勝ちしか出来ず、優勝が決定。しまらない幕切れである。前期よりは数字はよくなったが、プレイ中は悩んでばかりである。

 3-5-2は3-5-2DVに比べて、パスコースが赤く(通りにくいことを示す)なりやすい。「DV」の方はトップ下が攻撃的ポジションを結びつける役割を果たすからである。「DV」でない方は、

レディ  吉田
   \/
   /\
永井   佐藤一

このあたりが赤くなりやすい。

 パスコースを白く(通りやすく)するには選手を近づければいいのだが、近づけるということは中央に配置するということである。中央にいてはサイドアタックが発動しない。一戦ごとにポジションを微調整する。そして、あることに気が付いた。コペルニクス的転回。

 これまでのフォーメーションはこう。

  レディ 吉田

 永井   佐藤一

三浦 山口  波戸

薩川 サンパ 前田

    楢崎

 それをこうする。

  レディ 吉田

 三浦   波戸

永井 山口  佐藤一

薩川 サンパ 前田

    楢崎

 攻撃の核、三浦アツと波戸を一段前に出す。永井、佐藤一のポジションも少し前に出す、という結論に達した。

 さて、前後期ともに優勝したのでワールド・クラブ・チャンピオンシップへ。結果だけ書く。

● 0-2 CRZ
● 2-3 リバープレート   得点=波戸、サンパイオ
● 0-2 アヤックス

                勝点 得失差
フリューゲルス \●●● 0   -5  4位
CRZ       ○\○○ 9   +4  優勝
リバープレート  ○●\○ 6   +1  2位
アヤックス    ○●●\ 3   ±0  3位

 ところでFCブラジルの「CRZ」(オフィシャルガイドより)ってどこのチームだろう。情報求む。

4年・年間
1位 勝点76 28勝6敗 得失点差+34 59得点25失点

|

« 優勝はしたものの 4年前期 | トップページ | フランスワールドカップへ! 5年目 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/1635831

この記事へのトラックバック一覧です: 試行錯誤のフォーメーション 4年後期+WCC:

« 優勝はしたものの 4年前期 | トップページ | フランスワールドカップへ! 5年目 »