« 「攻撃重視」作戦、開花 10年前期 | トップページ | 今日の買い物 »

ワールドカップが見えた 10年後期

 前期優勝のご褒美で、施設をレベル4に改良。
 不調だった「攻撃重視」作戦が、ついに花開いた。

優勝 勝点40 14勝3敗 得失差+26 (47-21)

 久しぶりの勝点40だ。さすが攻撃重視、最多の47得点。1試合平均、2.8ゴールである。優勝を決めたアビスパ戦では6-1。4得点が4試合、3得点が5試合。CF服部は二度ハットトリックを記録した。
 前後期をともに優勝したことで、ワールドカップの出場権を得た。正しくは、ワールドカップの監督になる権利である。次は、「13年目」である。来年は、強化の年にしたい。

世界クラブ選手権
○ 2-1 リバープレート(V)   得点 服部、ガガリガ
○ 2-0 クルゼイロ   得点 服部、吉田

 南米の強豪2チームと対戦。攻守の切り替えの早い、好ゲームであった。ここで訂正。前回、ブラジルFCを「サンパウロ」と書いた気がするが、『なりきり監督』によればクルゼイロらしい。白と青のユニフォーム。その筋の人だったら、すぐにわかるのかもしれない。

 指示として、「遠くから打て」と、リードした試合の終盤、「守りきれ」が効いた。特に南米のチームが怒涛の攻撃をかける中、選手が絶対に上がらない「守りきれ」の指示は、見ていて胸が熱くなる。
 次に、引き分けでも優勝だ。

△ 2-2 パリ・サンジェルマン   得点 ガガリガ、服部

                位 勝-分-負 得点 勝点 得失差
フリューゲルス \○○△ 1 2-1-0 (6-3) 7  +3
リーベル     ●\○● 3 1-0-2 (5-4) 3  +1
クルゼイロ    ●●\○ 4 1-0-2 (5-7) 3  -2
パリSG     △○●\ 2 1-1-1 (4-6) 4  -2

 クライファートに2ゴールを決められたが、最後は必死で守りきった。優勝だ! クラブ世界一だ! 二度目だ!

 引き際を飾った原田武男が、引退した。私と同い年なので、感慨深い。守備的MFとして、地味に、だがしっかり守り抜いた。

年間
1位 勝点75 27勝7敗 +43 (77-34)

|

« 「攻撃重視」作戦、開花 10年前期 | トップページ | 今日の買い物 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/1914933

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップが見えた 10年後期:

« 「攻撃重視」作戦、開花 10年前期 | トップページ | 今日の買い物 »