« 新星現る 12年前期 | トップページ | ワールドカップ出場! 13年アジア予選 »

パーフェクトまであと一歩 12年後期

 リーグ戦は18チームあるので、それぞれの期が17試合である。17勝すれば全勝優勝である。そのすべてを90分勝ちすれば、勝点51で完全優勝である、ということにしよう。そのチャンスがやってきた。

○○○○○○○○○○○○○○○○ 16連勝。

 得点は、5、4、5、2、6、1、1、2、6、4、6、4、3、7、2、4。ハットトリックは吉田が1回、細江が4回、三浦アツが1回。そのアツのハットはFK3発だ。FKはいつもDF西に任せているが、彼がいないときに代役、アツが大活躍。やはりブレ球だろうか。優勝は13節目、10月1週前半。この間、延長勝ちもPK勝ちもなし。最終戦に勝てば、完全優勝である。相手は札幌。

 前半終了間際、ヂルサリに先制を許す。68分にはシーラスにFKを決められる。5-3-2で守りを固める札幌。万事休す。しかし83分、細江がロングシュートで1点。ここで指示。「勝ったら焼肉」 あきれるムルルガ・コーチ。90分、またも細江が、縦パスにうまく合わせて同点ゴール。延長だ。パーフェクトはなくなったが、全勝はある。

● 2-2 コンサドーレ(PK)

 またか。GK加藤に防がれた。

優勝 勝点48 16勝1敗 +50 (64-14)

 いささか失点は多いが、総得点も得失差も過去最高である。
 得点王は48点で細江。2位は吉田で18点。監督の「攻撃重視」の理解度もAになった。

クラブ選手権

○ 1-0 マンチェスター・ユナイテッド   得点 ガガリガ
○ 4-3 レアル・マドリー(V)   得点 波戸・西・細江・西岡

 西岡のCKでVゴール。2勝はもちろんトップである。次の試合、引き分けでも優勝だ。

● 2-3 クルゼイロ   得点 竹本・ガガリガ

   順位 勝分負   得失  勝点 得失差
フリエ 2 2-0-1 (7-6)  6 +1
マンU 4 0-1-2 (5-7)  1 -2
レアル 1 2-0-1 (9-7)  6 +2
クルゼ 3 1-1-1 (9-10) 4 -1

 準優勝。あと一点なのだが。

年間
1位 勝点93 32勝2敗 +92 (113-21)

 ついに通算得点が三桁に。二敗、というのがどうもねえ。欲深い?

引退 薩川・奥野誠

 二人ともゲームスタート時からの生え抜き。胴上げ、ウィニングラン。もう少しでW杯なのだが、能力の低下からすれば仕方のないことかもしれない。残念無念。

|

« 新星現る 12年前期 | トップページ | ワールドカップ出場! 13年アジア予選 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/2035972

この記事へのトラックバック一覧です: パーフェクトまであと一歩 12年後期:

« 新星現る 12年前期 | トップページ | ワールドカップ出場! 13年アジア予選 »