« じっと我慢 16年前期 | トップページ | 日韓ワールドカップ 17年 »

とうとう陥落 16年後期

 三人の外国人選手が加入した。
 守備重視にして三年目、油断があった。
 開幕六連勝で自分を見失った。
 だから指示も出さなかった。
 攻撃の鍵、細江を大事にしすぎ、出さない日もあった。
 ……。

○○○○○○●○○●○●○○●●○

 さて、二試合目。試合はアントラーズに3-1で勝ったのだが、問題はその後である。
 瀬戸と遠藤にコンビネーションが発生した。二人の積極性が上がった。
「瀬戸の積極性が上がればエクストリーム」
と前期に書いた。喜んでデータを見る。

 上がっていない。

 コンビ発生イベントでは、限界を超えないのだ。上がらないのならそう言わないでくれ。ぬか喜びだ。
 ゲームとしても、こういうイベントで上がることにすれば、偶然性も増しておもしろいだろうに。

 さてリーグ戦であるが、延長に弱い。弱くはないが、以前のような延長で決めるということがなくなった。
延長勝ち: なし
延長負け: なし
PK勝ち: 2
PK負け: 2

 守備重視でやっている以上、失点が少ないのは当然のことである。守り抜いて守り抜いて、最後に得点しないと
上にはいけない。
 そろそろ結果を書こう。

16年後期
2位 勝点32 12勝5敗 +14(30-16)
 守備重視で二桁失点では、話にならない。

ちなみにサンフレッチェ。
優勝 勝点34 12勝5敗 +8(37-24)

 最終節で広島が負けてくれたら逆転優勝だったが、世の中は甘くない。15節の直接対決で、1-2で敗れたのが本当に痛い。
 いずれにせよ、これでリーグ戦の連続優勝は7でとまった。

ゴールランキング
<得点王 エジミウソン(アビスパ) 21点>
2位 細江 18点
12位 服部 12点
16位 竹本 10点

チャンピオンシップ
ホーム  ○ 1-0 サンフレッチェ   得点 服部
アウェー ● 0-1 サンフレッチェ

 アウェーゴール二倍ルールを以ってしても対等なはずだが、なぜか優勝が決まった。なぜ延長にならないのだ? 同点だとシーズン勝ち点で決まるのか? よくわからないまま。

クラブ選手権
 余談。トヨタカップが来年から各大陸王者のトーナメントになるらしい。欧州と南米がシード。ということは残りは、アジア、アフリカ、北中米、オセアニアというところだろうか。オセアニアはオーストラリア以外ありえないのでは。東欧やアラブなんてあるといいのだけれど、やはり「大陸王者」というのがいいのだろうなあ。

● 1-2 リバープレート   得点 ガウスタブ(リ)、アストゥダ(リ)、細江
○ 1-0 マンチェスター・ユナイテッド   得点 服部

 「勝ったら優勝」とコーチが言う。

● 2-3 クルゼイロ   得点 服部、ピオジウス(ク)、ピオジウス(ク)、ディザルチ(ク)、竹本

           順位 G  勝点 得失
フリエ  \●○● 3 4-5 3 -1
リーベル ○\△● 2 3-3 4 ±0
マンU  ●△\△ 4 4-5 2 -1
クルゼ  ○○△\ 1 7-5 7 +2

 せっかく赤い悪魔にお膳立てしてもらったのに。チャンスを生かせず、3位に終わった。

16年 年間
1位 勝点71 27勝7敗 +36(6-25)

 14、15年目に完全優勝しているので、来年はワールドカップ代表監督に決まり。どこまでいけるか、守備重視。

|

« じっと我慢 16年前期 | トップページ | 日韓ワールドカップ 17年 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/2374360

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう陥落 16年後期:

« じっと我慢 16年前期 | トップページ | 日韓ワールドカップ 17年 »