« ついに来たエクストリーム! 24年後期 | トップページ | パソコンを買いました »

アフリカワールドカップ 25年

 選手選考。フリューゲルスを基本にして、★は追加選手。

GK 堀尾 小島 本田
DF 中西 松田 薩川 鈴木秀 池田新 ★相馬
MF 波戸 三村 森島 三浦淳 ★小野 ★森保
FW 渡辺 池田雅 吉田 ★三浦知 ★岡野

 予想スタメンは以下の通り。


 カズ  池田雅  渡辺
   アツ    森島
      森保
相馬 松田 中西 薩川
      小島

 引退した服部浩のところに三浦カズを。これだけは譲れない。ドイツにも是非カズを出して欲しい。
 ボランチは波戸にさせているが、本職が欲しい。だから森保。
 DFのローター、ダシルバの穴は大変だ。松田、中西でも足りないだろう。左サイドには相馬を入れる。

 さて練習。去年に引き続きエクストリームが起きる可能性がある。
 岩井が引退したが、相馬もBAA-なので(何を表しているかは前日の記事参照)、参加できる。
 しかし発生しない。青くならない。相馬のフォーメーション理解度が低いからであろう。
 一覧にしてみるとわかるが、ムードメーカーAって「まれ」だなあ。

アジア予選
○ 3-1 ウズベキスタン   アツ(CK)、森保、池田雅、ショイツフ
 DFホードイフのレッド退場をきっかけに、快勝。1位。

● 0-1 韓国   ソジンモン
 ノウソンデが二枚のイエローを受けて退場したにもかかわらず、苦手のサイドアタックにやられる。2位。

●V 1-2 サウジアラビア   マイヒラル、池田雅、アルジョブ
 サイドアタックからのクロスにやられ、Vゴール負け。

● 0-2 韓国   コ・ジョンウン、ユザンネン(PK)
 韓国のサイド攻撃を抑えられず。3位に落ちる。

△ 2-2 ウズベキスタン   池田雅、ジェイリン、ジェイリン、波戸
 内容は負け。ようやく追いついた試合。自力通過はなくなった。

● 1-2 サウジアラビア   マイヒラル、池田雅、マイヒラル
 またマイヒラルか! 日本の夢、絶たれる。

     位 勝 分 負  ゴール  P  差 
日本   4 1-1-4  7-10  4 -3
ウズベク 2 3-1-2 13-11 10 +2
韓国   1 4-0-2  9-10 12 -1
サウジ  3 3-0-3 10- 8  9 +2

 終わってみれば、一人負け。勝点はわずか4。惨敗である。

 敗因は二つ。ラインディフェンスはポジションバランスが命。このゲームのポジションは、リーグ戦で設定した位置がワールドカップに引き継がれない。少しずつずらして再現しようとしたが、ついに再現できなかった。
 もう一つは、それより致命的である。ラインディフェンスは縦パスを防ぐ戦術。ドリブル突破には弱い。対戦した各国の戦術を見てみよう。

          リード  >  同点  >  ビハインド   (そのチームから見たもの)
ウズベキスタン サイドアタック>サイドアタック>サイドアタック
韓国       サイドアタック>サイドアタック>カウンターアタック
サウジアラビア サイドアタック>サイドアタック>カウンターアタック

 一目瞭然である。サイドアタックか、カウンターかのどちらかだ。ウズベクはチーム総合力で1勝1分けであったが、韓国、サウジにはサイドを何度も突破された。特に左サイドはアキレス腱となった。相馬はフィットせず、鈴木秀ではパラメータ不足であった。今にして思えば、中西、松田をサイドに配置転換すればよかったかもしれない。
 しかし韓国、サウジの「サイド>サイド>カウンター」という戦術は凶悪である。リードされたらこのゲーム最強のカウンターとは。

 W杯そのものはドイツの優勝で幕を閉じた。監督パラメータがいろいろ上がったが、それこそ慰めというものである。
 残る戦術はノーマルとカウンター、二つだけ。

|

« ついに来たエクストリーム! 24年後期 | トップページ | パソコンを買いました »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/3714474

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカワールドカップ 25年:

« ついに来たエクストリーム! 24年後期 | トップページ | パソコンを買いました »