« 日本語の乱れ | トップページ | 青画面・奇面組・UD・チャット »

19連勝 32年前期

 サイクルの三年目。今年でチームの形を作らねばならない。
 とにかくフォワードが足りない。橋本一人のみ。本番では前園をFW扱いすればいいが、スリートップならFWは5人は欲しい。

獲得候補:
 風間・FW
 呂比須・FW
 カズ・FW
 小野・MF

 カズはもう何も言わせない、という勢い。現実ではFC横浜への移籍が決まった。J2に下がったことで、W杯はなくなった(二部からは選ばない、というジーコの方針)。

入団: カズ、小野
 小野慎二が加わった。森島の後釜は決まった。

ほのめかし: 波戸、アツ
今年で引退: 岩井、本田

 波戸とアツはサイドハーフの両翼。本田は正GK。何もないことを祈る。

     橋本
  ゲム   ディノ

  森島   前園
アツ  三村  波戸

  堂本  池田新

     本田

 2-5-3という攻撃重視システムに、カウンターアタックの組み合わせ。
 フォワードが足りない分は、GKディノを入れる。FW適正はないが、パラメータがほとんどS・Aの超人。ディノは完全エクストリーマーなので、ポジ適Cの堂本の代わりに松田を入れると、エクストリームが発生する(松田=池田=本田)。

プレシーズン
○ 4-0 オランダ   橋本4ゴール
○ 2-0 ドイツ   三村、ディノ

 開幕マリノスを6-0、レッズを4-2、グランパスを5-1と大量得点を重ねる。目指すは完全優勝、勝点51である(3ポイント×17試合=51)。
 ところがベルマーレ戦、1-1のままPK戦に持ち込まれてしまう。勝ったものの、勝点1でがっかり。それでも橋本が5回、ディノとゲムストンが1回ずつハットトリックを記録し、エスパルス戦では橋本が6ゴール、三村(?)のロングパスをサンフレッチェGK松代がファンブルしオウンゴールするなど記録を残しつつ、6月1週前半に優勝。

優勝 49P 17勝0敗 +59 (72-13)

ゴールランキング
1位 橋本 33
2位 ディノ 14
8位 ゲムストン 7

 勝点51は逃したものの、全勝優勝を果たした。また総得点も72である。100越えは確定であろう。
 プレシーズン二つ、リーグ戦17試合で19連勝。自己記録は20連勝。記録まであと一つである。確かオールスターも含まれるはずである。また、本ゲームの連勝は引き分けを含まないのでシビアだ。

7月
 風間→×→ヨロレイ(DF)
 呂比須→×→ビクトル(FW)

 どちらも並みの選手。

オールスター
 いつもはフリエの選手を使わないが、今回は負けるわけにはいかない。来年を見据え、外国人を外し、福田や小倉などを補強して、ふだんのサッカーをすることにした。
 ……できるわけがない。オールスターのシステムは4-2-2か4-3-3、4-2-2DVのいずれか。スリートップということで4-3-3を選んだが、ほとんどの選手にとっては慣れないシステム。まだ4-4-2の方がよかったかもしれない。

● イースト 0-2 ウェスト   中田英、2ゴール

 おそらくは19連勝で終わりであろう。20連勝に届かず。やはりディノは必要だったか。

|

« 日本語の乱れ | トップページ | 青画面・奇面組・UD・チャット »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/5130910

この記事へのトラックバック一覧です: 19連勝 32年前期:

« 日本語の乱れ | トップページ | 青画面・奇面組・UD・チャット »