« さらばVJE | トップページ | W&C・TMM・UD »

弁当係なのだ

 ふだんはしない、仕事話。
 弁当係をした。私にしては珍しい。もっと言えば似合わない。
 注文を受け、業者に依頼し、数の調整をする。茶菓の係も兼ねたので、その分配もする。難しくはないが、部屋がいくつもあるので、お菓子の籠や魔法瓶(オブソリート・ワード)を提げて階段を上がったり降りたり。(誤解を承知で言えば)OLの気分。世間のOLの多くは毎日こんな仕事なのか。

 忙しいのは一時期だけなので、わりと暇な時間もある。まあまあの仕事。例年は表に出る仕事なだけに、今回は裏方だ。

 問題は帰ってから。
 公共施設を使ったので、会場使用料はロハのようなもの。ただし、「ごみはお持ち帰りください」とある。
 ゲストはお構いなしにゴミ箱にポイポイ捨てる。当然と言えば当然だ。そのゴミ(ぬれた物も、食べ物も)をゴミ箱から回収して、ビニル袋に入れて、持ち帰るのが私の仕事。運の悪いことに、その日の朝が「燃えるゴミ回収日」。次の回収日は三日後だ。

 私が帰宅してした仕事は、30人の弁当のカラを踏み潰して指定ゴミ袋に入れ、三日間部屋で保存することだ。

|||||

 UDがバッキング・オフだ。情報はない。なんだろう。

|

« さらばVJE | トップページ | W&C・TMM・UD »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/5816834

この記事へのトラックバック一覧です: 弁当係なのだ:

« さらばVJE | トップページ | W&C・TMM・UD »