« アプサイド・ダウン | トップページ | レブス_ラクリマ11章「沈黙の螺旋」 »

網戸をつけよう

 網戸が破れた。もちろん自動的に破れたのではなくて、家人が外した表紙に破いた。
 自分でできないかなあ、とネットで検索すると、あっさり見つかった。ゴムで押さえる一般的な網戸なら、わりと簡単にできるらしい。
 ゴムには太さが何段階かある。するすると外したゴムひもをビニル袋に入れて、ホームセンターへ。
 買った物は三つ。「アミ(2㍍×90センチ)」、「ゴム(4.5ミリ)」、「ローラー」。全部で760円程度。

 詳しい手順は専門ページに譲るとして、いくつか気づいたことを。
 ローラーは便利だ。何に使うのかと言うと、ゴムを押し込むのに使う。「なければ割り箸でもよい」という記述もあったが、作業効率がぜんぜん違う。違う、と言いつつ試していないが、きっとそうだ。
 広いところで作業した方がいい。左手でテンションをかけつつ(引っ張りつつ)右手でローラーを操るので、自分の体を一周させる余裕があれば、持ち替えしなくて楽である。
 ブラックネットは格好いい。従来のアミは白色で、そういうものだと思ってきた。最近の流行は黒である。黒だと、まるでアミがないかのように向こうが見えるのである。
 切断は難しい。最後に、余った網を切るのであるが、下に何も敷かない上に、アミというものは切りにくい。一度で切れず、二度切りすると、ぶさぶさとはみ出てとても見っともない。実際はみ出るのは外側であって、アパートの網戸は外から見えにくいし、中で生活している分にはまったく影響がないからいいとしよう。でもこれからの課題である。

|

« アプサイド・ダウン | トップページ | レブス_ラクリマ11章「沈黙の螺旋」 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/10049269

この記事へのトラックバック一覧です: 網戸をつけよう:

« アプサイド・ダウン | トップページ | レブス_ラクリマ11章「沈黙の螺旋」 »