« 王の中の王・言葉の遅い子 | トップページ | ニュース二題 »

月の輝く夜に

 シェール、ニコラス・ケイジ主演。

 「イタリア系」たちのラブコメディ。
 最初はニューヨークのイタリア人町(というのがあればだが)の風景が新鮮だが、それも慣れる。コメディだが笑うところは一つしかない。再婚を決めた娘に向かって、母親が「惚れているの?」「ノー」「よかった。惚れていると不利よ」のようなことを言うシーンだけである。
 あとはひたすら退屈。まだ終わらないかまだ終わらないか、と念じる。1時間41分と短いのが救い。
 モチーフである月のシーンも何種類かあるが、一つひどい出来のがある。図工か。
 後でネットで「WTCの夜景がよかった」という書き込みも見たが、それは直接の評価にならない。

 最悪なのはラストシーン。フィアンセがなぜ「結婚できない」と言うか、理解できない。
 英語を聞いてみたが、"If I marry you, she will die."と言うだけ。結婚話を聞いて復活したお母さんが、結婚すると死ぬの? まったく理解できないので家内にも聞いてみた。「マザコンだから、結婚して離ればなれになるのがお母さんは嫌なんじゃない」とのこと。なんじゃそりゃ、の世界である。
 地中海世界は家族の絆を大事にするとは聞くが("My Fat Greek Wedding"とかね)、そんなの私の感性では理解できない。

おすすめマークほい! ★★

|

« 王の中の王・言葉の遅い子 | トップページ | ニュース二題 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/12037671

この記事へのトラックバック一覧です: 月の輝く夜に:

« 王の中の王・言葉の遅い子 | トップページ | ニュース二題 »