« アパート後始末・スイッチに蓄光・お年玉付き年賀はがき | トップページ | ラベル屋さん・タイマー付箋&窓立て »

S端子・携帯電話+電子辞書

 そう言えばS端子ビデオケーブルを買っていたのだった。エレコムのDH-SS10
 画質がよくなるらしい。機能があると使ってみたくなる、マニアック気質だ。

 DVDビデオとテレビをつなぐ。それは簡単。DVDをプレイ。ん? 音が聞こえない。今度はビデオをプレイ。今度は音は聞こえるが、画面が見えない。

 つまりS端子とコンポジット端子(赤・白・黄色のコネクタ。私はこれを『チューリップケーブル』として流行らせようと思っているのだが、なかなか人口に膾炙しない)を、そんなに都合よくは切り替えてくれないということだ。きっと「ビデオ1」をDVD専用にして、S端子+新しいコンポジット(ただし黄色は使わない)、「ビデオ2」をVHS専用にして、コンポジット三色をつなぎ直す。これでいいはずだ。

 そこで家内が起きてきてタイムアップ。続きはまた来週。

|||||

 ものすごい新発明。これは受け入れられる。特許や実用新案を取る気はないので、メーカーの方はどうぞこのアイデアを使ってください。ただし私は2007年1月27日には思いついていた、と自慢しますが。

「携帯電話に、電子辞書の機能を内蔵する」

 これで漢字のうろ覚えも、英語で悩んだときもオッケー。電子辞書は高価な「完全収録」と安価な「見出し語だけ」の二極分化しているので、安い方で充分であろう。完全収録を欲しい層は、電話を替えても困らないように、電子辞書そのものを欲しがるはずだから。

|

« アパート後始末・スイッチに蓄光・お年玉付き年賀はがき | トップページ | ラベル屋さん・タイマー付箋&窓立て »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/13693473

この記事へのトラックバック一覧です: S端子・携帯電話+電子辞書:

« アパート後始末・スイッチに蓄光・お年玉付き年賀はがき | トップページ | ラベル屋さん・タイマー付箋&窓立て »