« 本 | トップページ | ポーシャとゲート・ポーシャとごみ箱・スージーのダイエット »

棒々鶏・ポーシャのABC・万年筆「ボーテックス」

 先月紹介した「丸美屋・棒々鶏の素」の二袋目を食べる。
 今度はささ身を10本に増やした。なかなか煮えない。
 それでもちぎったり、キュウリを千切りにしたり、ちょっとした料理気分が楽しい。平日の疲れたときはやらないが、休日、ちょっと手先を動かしたいときには最適だ。ちょうどいい手間加減。

 アイデアメニューの「ゴマだれ冷製パスタ」がおいしそうだ。

|||||

 家内はポーシャに数字や平仮名、英語(アルファベットの大文字)などを教えているようだ。
 ポーシャが歩きながら「エー、ビー、シー、ディー」と唱え出した。おっ。どこまで行けるか。
「イー、エフ、ジー」
 きらきら星のリズムだ。
「エイチ、アイ。」
 そこで終わってしまった。只今の記録、9文字(びっくり日本新記録、風)。

|||||

 黒の万年筆と、青のそれはある。仕事上、赤もたくさん使う。赤鉛筆を使っていたが、ネットで格好いいものを見つけたので店へ行く。
 見つけた。パイロットのボーテックスである。税込み1,575円なり。
 これが万年筆か、というようなモダンなデザイン。よく見ればiMacカラーというやつである。
 赤(TR)を購入。赤インキも購入。F(細)とM(中)があったので、Fを購入。

 使ってみた。
 普通の書き味はよい。ただ私の用途は「しゃっしゃっ」と書くものなので、そうなるとかすれがめだつ。
 携帯を想定しているので、キャップを外して後ろにはめることが前提である。さてキャップの脱着はねじり方式なので、手間がかかる。むしろ一度出したボーテックスは、そのまま机の上に出しっぱなしになりがちである。
 パイロットの赤インキ自体は、紫がかっていて、格好いい感じである。
 私の用途であれば、Mでもよかったかもしれない。

|

« 本 | トップページ | ポーシャとゲート・ポーシャとごみ箱・スージーのダイエット »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/14240070

この記事へのトラックバック一覧です: 棒々鶏・ポーシャのABC・万年筆「ボーテックス」:

« 本 | トップページ | ポーシャとゲート・ポーシャとごみ箱・スージーのダイエット »