« セル・ウヰスキー | トップページ | 布団・水割り・パジャマのボタン »

ポーシャと花見

 桜はところによりかなり散っておりますが。

 まず遠くの公園へ。大きな遊具が複数あり、遊びがいがある。ポーシャはとりあえず高いところに上り、滑り台に挑戦。滑るごとにまた複雑な経路を通らねばならない。階段を上り、はしごを下り、穴の開いた段差を越える。見ている方もはらはらして追いかける。
 平均台にも挑戦。かなり怖がっている様子。でも手をさし出すと、いらない、とばかりにのけようとする。それでも家内が手を取ってやって、恐る恐るクリアー。

 ちょっと上の年齢らしい女の子がやってきた。例によってポーシャは近付いていく。それでも、なかなか接点はない。女の子とそのお母さんはシーソーをやっていたが、お母さんは離れて携帯電話をいじり出した。
「お母さん! お母さん!」と女の子は呼ぶが、母親は来ない。そこへポーシャがシーソーの反対側に座る。二人とも動かそうとするが、動かない。
「子供だから動かないよ、お母さん、やって」と叫ぶも、母親は動かず。結局二人ともシーソーから下りてしまった。

 ところでほかにも子供連れのお母さんが携帯メール(であろう)をしているのが気になった。

 別の公園へ。見渡す限りの菜の花畑。一人が通れるほどの道が切ってあり、迷路になっている。自分の背丈と同じくらいの菜の花の中をかけていくポーシャ。
 そのへんが気に入ったらしく、帰ろうとしない。でこぼこした道に足を取られ、何度も転ぶ。ちゃんと手を突くのが感心である。水のない側溝が気に入ったようで、越えようとする。足が届かないので、一度下りて上ろうとする。コンクリートなので危ない。一度、シャツがずり上がり、おなかに擦り傷を作ってしまった。

 以前買った自転車には乗れないことが判明した。ペダルを漕げないのだ。
 力がないのか。サドルの位置が悪いのか。わかっていないのか。
 いずれわかるであろう。

|

« セル・ウヰスキー | トップページ | 布団・水割り・パジャマのボタン »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/14916096

この記事へのトラックバック一覧です: ポーシャと花見:

« セル・ウヰスキー | トップページ | 布団・水割り・パジャマのボタン »