« 本・ポーシャ空腹 | トップページ | アバイラ »

公式戦デビュー

 サッカー話。あれから練習試合でラインズマンをちょこちょここなし、いよいよ本番。
 初めてアディダスの審判服に袖を通す。うれしいね。ひたすら真っ黒。ストッキングはふくらはぎがメッシュになっている。ふだんのストッキングより一つ大きい27~29。これは快適だ。今度から取り寄せでいいからこのサイズを買おう。25~27では長時間はいていると足が痛くなる。

 番号、氏名、スパイクおよび手の装着品のチェック。子供なので「爪を見るの?」なんて尋ねてくる子もいる。キックオフ。
 前後半合わせて、6、7本オフサイドがあった。それなりに正しく見ることができたと思う。
 それより疲れたのはタッチラインを割ったときだ。A・B二つのチームがあったとして、こちら側のライン沿いに来たときは、頭の中で「A・B・A・B・B・A・A・B」なんてタッチしたチームをずっと唱えていた。ラインの中に入ってもいい、というのはマニュアルどおり。

 後半、時計のストップウォッチを始動させるのを忘れた。主審でないから試合としては困らないが、個人的には困った。
 試合終了。やれ嬉や。まずそれなりに無難にできた、気がする。

 メモ。夏の大会は水筒を持っていこう。500ccのペットボトルが三本、カラになった。

|

« 本・ポーシャ空腹 | トップページ | アバイラ »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/15556194

この記事へのトラックバック一覧です: 公式戦デビュー:

« 本・ポーシャ空腹 | トップページ | アバイラ »