« ポポロクロイス物語_LV32b門番の館 | トップページ | ステップワゴンのラジコン »

審判、タッチライン

 久しぶりにレフェリーをした。練習をしたいな、と思っていたところなので好都合だ。

 子供だがアシスタントが旗をさっと上げてくれるので助かる。スローインは頼っていい。ただしオフサイドは怪しい。ゴールライン近くの、2㍍くらいのショートパス。私はオフサイドくさいな、と思ったが旗は上がらなかった。流したが、やはりそうでないかと思う。後ろからオフサイドを見る目を養わなくては。

 ペナルティエリア近くで直接フリーキック。キッカーが「近い、近い」と要求。笛を吹いてセレモニー。私だと13歩で9.15㍍になる。

 後半。なんでもないスローイン。手を挙げたが、プレーヤーはどちらも私の逆で判断している。笛を何度か吹いて「逆だよ」と知らせる。ベンチから、「審判がそう言っているんだからそうしなよ」と怒鳴り声。ああ。ミスジャッジなのであろう。アシスタントのいない側である。

 難しいことを言う前に、このような基本を正確に裁くことが私の課題であろう。

|

« ポポロクロイス物語_LV32b門番の館 | トップページ | ステップワゴンのラジコン »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/16194571

この記事へのトラックバック一覧です: 審判、タッチライン:

« ポポロクロイス物語_LV32b門番の館 | トップページ | ステップワゴンのラジコン »