« ポーシャと月・電球、光らず | トップページ | cell・エクセル話二題 »

カットモード第三回・ポーシャとテレビ花火・ウヰスキー

 業務がヤマ場。ジョギングが四日できなかったほどだ。昨日、一昨日も、終わってPCに向かい、閲覧はするが、書き込もうとしても頭が働かない。もっと厳しい業務があるのはわかっているけれど、一日一日が勝負のこの仕事で、十二日連続勤務は辛い。あ、笑った人がいるでしょう。でも私のレベルからすると、くたくただ。

|||||

 今回もベリーショート。今回もテクニックブックどおりにパーツを選択する。頭頂部のすぐ下を、横断するように切るのがうまくいかない。髪を伸ばしすぎたのか、髪がパーツに通っていかない。
 右利きなので、どうしても左後ろがなめらかにならず、角が立っている。解消するのに一苦労。
 今回は、浴室で全裸になって使ってみた。確かに、後始末は楽である。無論浴室にコンセントはないので、脱衣所から延長コードを使う。感電しないか、と冷や冷やものだ。

 デパートのアイデア商品コーナーで、類似品が3㌔円程度で売られている。吸い込み機能はないが、屋外やあの名前はわからないがてるてる坊主のような襟巻きを使う場合には、問題にならないであろう。それより、丸洗いできるのがいい(私のはできない)。

|||||

 大曲の花火が、BSで放映された。数年前にハイビジョンでないと当日見られないことに、憤慨した。
 ポーシャは大喜び。「はなび、はなび」 様子がおかしい。
「ママ、たって!」「はなびー」「ママと、パパと、おばあちゃんと」
 どうやら、前回花火をしたことを思い出したらしい。ここに祖母(私からみれば義母)はいないが、数日前に庭で花火をしたときは、いた。
「はなびね、しゅーってしたの。しゅーって」
 実は感動。過去の体験を思い出して、口にしているのだ。これは初めて。
「あけて、あけて」 がちゃがちゃとベビーゲートを揺する。開いた。
 花火をしまってある物置を開け、平たい花火詰め合わせを取り出す。
 残念ながらその日は雨。抱っこしながら理由を説明し、今度やろうね、と説明したらおとなしくなった。ありがたい。
 まだその約束は守られていないので、早く実行したいなあと思う。

|||||

 ウヰスキーを記録するのを、忘れていた。
 7月20日=25本め
 7月30日=26本め
 8月10日=27本め
 8月20日=28本め
 9月 4日=29本め

 夏は消費が増える。水差しに氷を入れ、フィルターで精製した水を入れるが、すぐに氷が解ける(VJEによると「溶ける」ではないそうだ)。そうだ、アイスペールはポーシャがいじるから使うのをやめたのだ。引っ越した今なら、いいかな。

|||||

 マラソン話。
 8月の月間走行距離は14㌔。
 9月。5㌔追加。

|

« ポーシャと月・電球、光らず | トップページ | cell・エクセル話二題 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/16342459

この記事へのトラックバック一覧です: カットモード第三回・ポーシャとテレビ花火・ウヰスキー:

« ポーシャと月・電球、光らず | トップページ | cell・エクセル話二題 »