« サッカー審判×2 | トップページ | 嵐世記4_1613 »

布団圧縮・ストーブ灯油・カットモード第五回

 仕事で一山越えた。体力的にも限界。打ち上げで泥酔する。帰途、転倒し傷を負う。傷ならまだいい。途中に橋がある。落ちたらと思うとぞっとする。自重しよう。

 ようやく気分が落ち着いた休日。暇になったらしようと思っていたことをする。

 その1、布団をしまう。冬布団が出しっぱなしだったので、圧縮袋に入れてバキューム。考えた人はすごいね。

 その2、ストーブをしまう。それ自体は簡単、問題は灯油だ。去年も吸い出そうと思ったが、フィルターを外せず、灯油を入れたまま夏を越えてしまった。これはよくない、そうだ。
 今年はフィルターの外し方を調べた。だが給油口が狭くて、いつもの電動ポンプが入らない。バックアップ用の醤油チュルチュルで吸い出す。成功。

 その3、散髪。カットモードも五回目になった。今回は上をやや残し、下を刈り上げ、ツーブロック風にしてみた。耳の上と襟足を整えれば、きれいに見える、と思う。

 またこれは別の日だが、ベランダの物干しを交換した。今まではX字状に展開するハンガーだったが、使いづらい。低いので腰が痛くなるし、洗濯物が床にすりそうで(ときどきする)精神安定上よくない。
 突っ張り方式のポールを立て、アパートで使っていたアルミ竿を横に渡す。完璧。問題が解決された。
 唯一の問題は、壁より高くなっただけ風を受け、落ちる危険がある。洗濯挟みが必要だ。ただこれは以前はやっていたことなので、そんなに負担ではない。

|

« サッカー審判×2 | トップページ | 嵐世記4_1613 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/41172393

この記事へのトラックバック一覧です: 布団圧縮・ストーブ灯油・カットモード第五回:

« サッカー審判×2 | トップページ | 嵐世記4_1613 »