« ブラックニッカ燃費競争・その結果・ラムちゃんポーズ | トップページ | 大戦略ウィン2=07カレイドアイランド »

ハングウォッチの電池

 自分で電池交換ができないか、ウェブを見る。
 傾向として、
専門家は「難しいものもあるので、素人は手を出さない方が無難です」
素人は「やってみたら簡単にできました」
 と言う。素人はたまたまやってみた一件がイージーだったからそう言うのであろう。

 1,000円の時計だし、やっちゃえ。まず手持ちの、眼鏡用精密ドライバーでこじ開ける。……開かない。壊れそうだ。

 ダイソーで「電池交換工具」を買う。T字型のねじ回しのできそこないのような物体だ(200円)。
 開けてみた。パッケージには「技術を必要とします 注意!」「安全のため手袋をしてください」などとある。威しか。
 ぐっとさし込むと、勢いよく開いた。電池は爪で固定されている。爪楊枝でほじったら外れた。
 型番は。字が小さくて読みづらい。なんとか読む。
 SR626SWだ。
 調べると、SRは時計用ボタン電池(Rは円形)、6は直径6㍉、26は厚さ2.6㍉、Sはよい原料、Wは時計のウォッチらしい。

 再びダイソーへ。SR616はあるものの、626はない。なんてことだ。

|

« ブラックニッカ燃費競争・その結果・ラムちゃんポーズ | トップページ | 大戦略ウィン2=07カレイドアイランド »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/45794128

この記事へのトラックバック一覧です: ハングウォッチの電池:

« ブラックニッカ燃費競争・その結果・ラムちゃんポーズ | トップページ | 大戦略ウィン2=07カレイドアイランド »