« サカつく_10年目 | トップページ | サカつく_11年目 »

図書館・ポテトサラダ・苺

146) バッティングバイブル[テクニック編] ベースボール・マガジン社編
147) サラリーマンは2度破産する 藤川太
148) 二人の紅茶王 磯淵猛
149) メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法 長谷川滋利
150) ハンガリーを知るための47章 羽場久ミ子(ミはさんずいに尾)

 一行書評。

142) イギリスを知るための65章 近藤久雄・細川祐子
 ブライトンの桟橋の一つが消失していたなんて知りませんでした。

143) 仕事に役立つ「読解力」 高橋昭男
 「文の中で、事実と意見を区別する」というところは肝要。

144) はたらけ!冷蔵庫 飛石なぎさ
 じゃがいもは2~5度、玉ねぎは0度で冷蔵する。

145) フジツボ 魅惑の足まねき 倉谷うらら
 対象物を愛している研究者の本は楽しい。『ハダカデバネズミ』『クマムシ?!』のシリーズのようなもの。

133) 幻影の書 ポール・オースター
 消えていた喜劇役者を巡る冒険。主役は『ムーン・パレス』の主役の友人のデイヴィッド・ジンマー。子供の一人はマーコ。

|||||

 農協の通帳(地方ではそういうのを使っているのです)がいっぱいになったため、窓口へ。その隣に野菜の販売所がある。じゃがいもが袋に五つ入っていて、百円。きたあかり。
 さっそく三つ出してポテトサラダにする。30分ゆでる。IHはタイマーがあって便利だ。布巾でくるんでむく(クッキングシートでもよい)。熱い。ボウルに入れ、塩とマヨネーズを適量入れて、百円ショップのマッシャーで潰す。
 カレー用のスプーンで食べると豪快な気持ちになる。市販のものより芋の味が強くてよい。

|||||

 ホームセンターへ。苺の苗が売っていた。一冬越すといいらしい。「とよのか」を一つ、「ジャンボいちご」を二つ買った。穴を掘っていちごの肥料がまいておくのだが、肥料が直接根にふれないように土をかけるといいらしい。

|

« サカつく_10年目 | トップページ | サカつく_11年目 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/46399793

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館・ポテトサラダ・苺:

« サカつく_10年目 | トップページ | サカつく_11年目 »