« 【雑文37】東京2010(3) | トップページ | イオン三題 »

図書館・ポーシャと水筒とワンピース

189) 南極に暮らす 坂野井和代・東野陽子
190) オーロラを追いかけて 上出洋介
191) 氷に刻まれた地球11万年の記憶 リチャード・B・アレイ
192) 南極情報101 神沼克伊
193) 昭和基地 村上雅美

 時代は南極だ。

|||||

 日曜日。
 午後三時あたりから外出。
 図書館。カメラ屋。ガソリンスタンド。西松屋。義父(ポーシャから見ればおじいちゃん)の病院。
 このところのお決まりコースである。

 西松屋で、水筒を売っていた。同じメーカーの同じ作りだが、片方はウサハナで1,999円。片方は放映が終わったフレッシュプリキュアで499円。ポーシャは後者を選んだ。家計に優しい子だ。ほかにもお弁当箱やワンピースを買ってもらってご満悦。特にワンピースは、私を試着室に引っ張って自分で着るほどの(実際は私が着せたようなものであるが)お気に入り。アクリルのほこほこした品だ。
「ママに見せようっと」と試着室を出て駆け出す。

|

« 【雑文37】東京2010(3) | トップページ | イオン三題 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11642/47505756

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館・ポーシャと水筒とワンピース:

« 【雑文37】東京2010(3) | トップページ | イオン三題 »