« ウヰスキー122・献血22 | トップページ | 液晶テレビで実験 »

液晶テレビ・金魚

 実は液晶テレビを買うのははじめて。

 ピクセラのプロディアPRD-LA103-22B-E。長い型番。店頭価格29,800円。

 ビクターの14型ブラウン管を撤去。よく働いたよ。20年は動いたのではないか。

 HDMIケーブルがいる。ついていない。アクオスくん(レコーダー)にもついていなかった。明日買おう。とりあえずRCAで接続。

 チューナーを内蔵しているので、アンテナと直結できればレコーダーを起動しなくてすむ。分配器が欲しい。

 アクオスのリモコンで操作できると便利なのだが、メーカー設定できない。パナソニック、ソニー、東芝はもちろん、アイワ、フナイまであるのにピクセラはない。後発の悲しさ。虱潰しでも駄目。結局プロディアのリモコンとアクオスのそれと併用する形になり残念。

 後ろに10度チルトするが、前にはしない。私は見上げる状態なので液晶の色が悪くなる。

*これが本機の最大の欠点である。音が悪い。つなげた瞬間にわかる。ひどい。
 カタログによると3Wである。もう一度書く、3ワット。阿呆か。
 うちの安く買ったパソコン用スピーカー(1,980円か)だって14Wだ。

 アンプがあれば一括してつなげられるのかな。

|||||

 水換えをした。水の減りが早い。外部フィルターの出水を水面下にしているはずが、いつの間にか水位が下がり噴水のちゃぽちゃぽいう音が聞こえる。
 トリートメントタンク(たらい)を撤去した。


 餌をあげるときに水槽のふちを叩いて合図している。古参の二匹は赤い餌の袋を見ただけで餌が落ちてくるポジションに行きダンスを踊る。新参の二匹はわからない。そのコントラストがおもしろい。

|

« ウヰスキー122・献血22 | トップページ | 液晶テレビで実験 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

テレビ20年とはもうぼろぼろだったのでしょうか。本当にお疲れ様です。

投稿: Digi Catch | 2011.03.13 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウヰスキー122・献血22 | トップページ | 液晶テレビで実験 »