« インフルエンザA | トップページ | 携帯で音楽・アフィリエイト計画 »

インフルエンザA型・フットパス氷塊・図書館

 タミフルを飲んだ翌日。
 熱はすっかり引いた。昼は37.3度。夕方は37.1度。微熱だ。昼がやや高いのは食事の後だからであろう。
 だからといって治ったわけではない。頭は重いし、体はだるい。急に視線を動かすと酔うような気分になる。寒気がなくなったのはとても助かった。

|||||

 ちょっと体を動かす。ごみを捨てにいく。我が家はデザインの関係か、玄関から道路までの道(なんて言うのでしょうね? 英語ならフットパスかな)に屋根からの雪が落ちるようになっている。それで以前水撒きホースのケースを破壊されたことがある。いっしょに建てられた家はあまりそのようになっていない。屋根の山型の、落下方向に玄関は配置しないのがセオリーのようだ。そうだったのか我が家。よく考えればそうだよね。玄関自体はベランダの下で安全なのだが、フットパス(もうそう呼ぶことにした)は無防備宣言地帯だ。

 例年は潔癖なスージーがフットパスを雪かきしていたのだが、今年の大雪で、屋根からどかどかと雪が落ちてきた。雪だけならまだしも、いったん融けて氷の塊になって落ちてくる。ホースケースがやられたのもこれであろう。それがごろごろして雪と氷の入り混じったでこぼこ道になっているのだ。これは危険だ。郵便屋さんも迷惑であろう(しかし私は民営化以来「市」でいちばん大きな郵便局のゆうゆう窓口が土曜日半ドンになってから不便を感じていることを表明しておく)。

 小さくてラグビーボール大、大きければ10㌔㌘の米袋大の氷塊を取り除く。雪に埋まっているのでスコップでほじる。このさい氷に当たると手がしびれる。隙間に入ったら梃子の原理で持ち手を足で踏む。ぐらついたら持ち上げ、投げ捨てる。
 5、6個も作業したらぜいぜい言うようになった。これでぶり返したらたまらない。休もう。

 追記。
 検索フレーズランキングに見慣れぬフレーズが。「風邪 2011」 初登場一位、しかも。
『風邪 2011』での検索結果 約11900000件ヒット(日本語のページ)のうち1~10件目を表示
 千百九十万件の中の一位ですと?! どんなせこい分野でもそれだけ裾野の広い一位は初めてだ。

|||||

304) 羽生善治挑戦する勇気 羽生善治
305) 「これは、欲しい。」 山口淳
306) ガムテープでつくるバッグの本 中島麻美
307) 第一回希望選択選手 横尾弘一
308) まどさん 阪田寛夫

 なかなかいいバリエーションだと思いませんか。すぐに読める本が多いきらいはあるが。

|

« インフルエンザA | トップページ | 携帯で音楽・アフィリエイト計画 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザA | トップページ | 携帯で音楽・アフィリエイト計画 »