« 192 羽生善治挑戦する勇気 羽生善治 | トップページ | 194 ガムテープでつくるバッグの本 中島麻美 »

193 「これは、欲しい。」 山口淳

 図書館より。阪急コミュニケーションズ。

 「pen」の連載からの選りすぐりである。目の保養にいいであろうと借りてみた。
 「欲しい。」とまったく思えない。庶民が手にするものではない。ため息も出ない。欲しいとか欲しくないとかそういうものではない、私には。
 5,100円のマグカップ、68,250円の傘、96,000円のロガー(木こり)ブーツ。手が出そうなのは2,100円の秋田杉のぐい飲みか。

 そういうのを超越してデザインの参考書とするには楽しい本である。スリットに木片を挟めるキーボード(鍵盤でなくて鍵掛け)なんていいですね。

 私がお世話になった書斎館(羽田)の本館である青山書斎館が店ごと紹介されているのもうれしい。

|

« 192 羽生善治挑戦する勇気 羽生善治 | トップページ | 194 ガムテープでつくるバッグの本 中島麻美 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 192 羽生善治挑戦する勇気 羽生善治 | トップページ | 194 ガムテープでつくるバッグの本 中島麻美 »