« 体重・ワイン8「ラ・クロワ・ドステラン」 | トップページ | 検索フレーズ2011年2月 »

大戦略ウィン2=18ライ麦畑と履帯痕(3)

#18ライ麦畑と履帯痕(3) 勝利 50ターン
★青=アメリカ+スウェーデン((オーストリア) 赤=ロシア(ポーランド) 緑=ロシア(ルーマニア) 黄=中国(チェコ) 同盟 赤+緑

 今シリーズ初の条件緩和。敵は3国同盟だが、黄色を外す。1対2対1の戦いとする。
 1ターン。首都で地上部隊6生産。空港でイロコイ2、ビゲン4生産。ちなみにヤクトが戦闘機で、無標ビゲンが攻撃機だ。
 2ターン。空港はビゲン6。以上イロコイ2、ビゲン10で黄色首都プラハを落とす。首都では地上部隊。過去のプレーで作らなかった自走砲、M109を作ってみよう。
 3ターン。首都に黄色の歩兵ヘリと輸送機が飛んでくる。M163で応戦。ビゲン部隊はプラハ上空に達する。
 5ターン。チェコ占領。これからの方針が大事だ。チェコ領にはこだわらない方針とする。維持するには収入が足りない。
 6~10 1対1対1の戦いになった。【後日付記。勘違い。どうして赤と緑はお互いを攻撃しないのかといぶかしがっていた】収入不足がつらい。しかしウィーンは守りづらい。戦史的にどうだったのであろう。首都周りの攻防。赤と緑、どちらを撃てばいいのか。基本的には赤であろう。状況表を見ても赤の収入は圧倒的。
 11~15 ウィーン防衛で精一杯。プラハの守りはパターンがつかめた。地上部隊で空けないようにしておいて、回復できるビゲンを派遣する。
 16~20 北上すると虎の子のビゲンがS300PMUのアウトレンジに遭う。ちょっと地上部隊を増強しようと考える。なかなか実行できないのは資金不足のため。
 21~25 北のバウブジフ占領。少しでも収入を増やそう。ブラチスラバ空港を占領。歩兵のM113を五方向から囲んで守る。それでも空いた一箇所を攻めてくる敵のルーチンよ。
 26~30 戦線は対赤はブルノの南、対緑はジェール付近となった。押している。しかしエースビゲンを失う。調子に乗ったか。
 31~35 ブルノ占領。北のイロコイを飛ばす。ブラチスラバ東の都市占領。ユニット数が39に達する。一つの枠は予備。ところで部隊に付けられるラベルが四つまでというのは足りない。34ターン。ブラチスラバ北の工場を占領すると、緑ルーマニアが降伏してきた。
 36~40 オロモウツ占領。エースのヤクトビゲンを墜落させてしまった。赤ポーランド領への峠では補給線がいっぱいいっぱいである。ビゲンは一撃離脱を徹底。「二撃」したくなるが我慢。リブニクの工場が天王山だ。手前のオストラバ占領。
 41~45 イロコイでリブニク占領。M112も備えていたが移動力が5しかなくて使いづらい。その裏イロコイの歩兵を全滅させられ万事休すかと思ったが、赤が歩兵でなくT72を工場の上に置いたので一命を取りとめる。南東のミシュコルツ占領。ホジューフ西空港を取った。これは大きい。犠牲も大きかったが。オポーレ占領。
 46~50 ホジューフ占領。ビェルスコ・ビアラ占領。コシツェ占領。ティキ占領。49ターンで首都と周りを押さえ、50ターンで赤ポーランド、クラクフ占領。

 感想。黄色を同盟から外したが、結局黄色を速攻で落としたので、1対2の同盟戦に変わりはない。
 とにかく我慢、我慢のマップ。次のターンでどう攻められるか考えて攻撃すべし。

Dsr2_18

|

« 体重・ワイン8「ラ・クロワ・ドステラン」 | トップページ | 検索フレーズ2011年2月 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体重・ワイン8「ラ・クロワ・ドステラン」 | トップページ | 検索フレーズ2011年2月 »