« 東北大震災20110323・コンタクトレンズ | トップページ | 東北大震災20110324 »

208 貧困なる精神 第3集 本多勝一

 図書館より。すずさわ書店。

 ベトナム戦争には興味がないのでその話を読み飛ばしていたら、ついに全部読み飛ばしてしまったでござる。
 方言について言説があるが、論敵が丸谷才一なので旧仮名遣いで読みにくい。

*石原慎太郎が選挙ポスターに「私はつねに誤った権力と斗ってきました」と書いた。「私は常に誤った。反権力と斗ってきました」の誤植であろう。
*『みにくいアヒルの子』などのアンデルセンの童話には、「醜い者には汚い心、美しいものには美しい心」という差別思想が流れている。
#巨大な思想や仕事が生まれる土壌は、決して読書からではないな、と思ったりもします。(略)とは申しますものの、実践の土壌に肥料がなかったら、やっぱり巨木にはならないな、読書は(現代では)やはりその肥料の大きな部分だな、とまた考えてしまいます。

|

« 東北大震災20110323・コンタクトレンズ | トップページ | 東北大震災20110324 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北大震災20110323・コンタクトレンズ | トップページ | 東北大震災20110324 »