« 274 ダーリンは外国人 小栗左多里 | トップページ | 276 村上春樹の秘密 柘植光彦 »

275 ヘッテルとフエーテル マネー・ヘッタ・チャン

 図書館より。経済界。副題、本当に残酷なマネー版グリム童話。

 なにこの人を喰ったペンネーム。
 副題の「本当に」の「に」がいい。

 もうけ話に騙されるヘッテルとフエーテルたちの救いようもない転落人生を語る寓話。寓話というものを書こうとしたその目の付け所がいい。
 シビアな脚注がおかしい。
#ヘッテルは普通のOLをやっていましたが、でも自分のことを普通のOLだとは思っていません。いつか人と違った何かができるはず、そう信じて、(略)「あたしはあなたとは違うんです」などと思っていました。
#(脚注)確かに違うけど、逆説的な意味ですよね。うん、僕、あなたにはなりたくないしー、みたいな。

#30過ぎに女子って使うのどうかと思うよ、ヘッタ・チャンは……。

 人物の名前は「アホスギンちゃん」「カネヘルン」などともじってあるが、「グリーム婆さん」はどうもじっているのでしょうね。

|

« 274 ダーリンは外国人 小栗左多里 | トップページ | 276 村上春樹の秘密 柘植光彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 274 ダーリンは外国人 小栗左多里 | トップページ | 276 村上春樹の秘密 柘植光彦 »