« さらばステップワゴン | トップページ | 買った本・ウヰスキー142・フィルタ「カーボン/ウール」 »

フリードスパイク来たる

 2011年11月12日。ついに新車、フリードスパイクハイブリッドとご対面。
 色はクールターコイズ・メタリックということであるが、思ったより緑色が強い。妻からは「アマガエルみたいな派手な色だ。歳を考えろ」と言われる。ディーラーからお祝いにケーキを貰ったが、彼女にはあげないことにする。

 十五年ぶりの購入なので、ナビやワイパー、スライドドアのオートクローズなどにいちいち感動する。
 ステップワゴンのあきれるほどのスペース感はないが、充分な大きさである。荷室に灯油缶収納ボックス(四つ入り)が積める。

 ガソリンで動いているのか、電気にアシストされているのか、それとも電気を充電しているのかわかるので楽しい。メーターばかり見て危ない。
 停まるとすぐにエンジンが止まる(アイドリング・ストップ)。ブレーキから足を離すとすぐに始動する。
 IMA(ホンダのハイブリッドシステム)のおかげで、クルマが軽く感じられる。

 追加注文したリアゲートプロテクションシールはしっかり料金を取られた。2,100円だからと油断したが、工賃を合わせて3,700円ほどになった。のちにホームセンターに行ったら同等品が1,200円であった。どうせ透明なのだから、これは自分でやればよかったかもしれない。

 新車を運転していると、「ぶつけるかも、ぶつかるかも」と心臓に悪い。生垣なんて特に枝に「する」かもと思う。
 トリップメーターが3㌔。大事に乗っていこう。

|

« さらばステップワゴン | トップページ | 買った本・ウヰスキー142・フィルタ「カーボン/ウール」 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらばステップワゴン | トップページ | 買った本・ウヰスキー142・フィルタ「カーボン/ウール」 »