« 体重83.6kg 23.7%・ウヰスキー148 | トップページ | 買った漫画4「探査機はやぶささん」 »

298 ピーター流外国語習得術 ピーター・フランクル

 図書館より。岩波ジュニア新書。

 12か国語を話す数学者にして大道芸人である筆者は、いかにして外国語を学んだか。
 必ず女性が出てくる。別荘に遊びに来る若奥さん。先輩の恋人。バスに乗り合わせた女性。北欧ポルノ、雑誌「プレイボーイ」。女性の言語能力の裏付けかもしれない。

 筆者は以下のような習得術を挙げている。

 数カ月間、その言語に集中すること。
 独り言をいうこと。
 わからない単語はすぐに調べて、単語帳にメモすること。(ただし、単語帳で覚えるのではなく、使って覚える)
 易しい文章を読むこと。
 複数の教科書を読むこと。

 逆に翻訳は「やめてほしい」こと。「situation」→「日本語」→「外国語」ではなく、状況から直接外国語を思い浮かべるようになれというのだ。
 付箋を貼っていったら、以下のように膨大になってしまった。お勧め。

#(単語帳の丸暗記は)豆でお城を作るようなもので、すぐにバラバラとくずれてしまいます。

*別荘に食べ物がなくて前の夏休みのパンを食べた。ハンガリーは湿気がないからカビが生えにくい。

#とにかくわからない単語はすぐ調べることです。どうしても人間はぐうたらなのです。
*自分の単語帳に書きこんで、新しい意味に会ったら書き足す。

#(アメリカに行った両親はお土産に)『プレイボーイ』を六冊も持ってきてくれました。うれしくてうれしくて、真ん中にある見開き三ページくらいの大きさの裸の女性の写真を全部とり出して、天井に貼り付けて、毎朝「いいなーあ」とながめていました。

#「外国語をまったくできない人は結局、井の中の蛙のようなものだ」とぼくは思っています。
#(自民党の大物政治家)「放送局が自民党に不利なことを言いつづけるなら、すぐに首を絞めるようなことをこちらはやりますよ」

#よく「勘がいい」と言われる勘だって、やはり蓄えた知識、情報なのです。ひらめきというのも、どこか頭の中に入っていたいろいろな情報や知識が、ふさわしいタイミングで出てくるもので、ゼロから生まれるものではありません。

#最初から「あなたに英語を教わりたい」と言って近づいてくる人には、「それなら英会話学校に行って、先生にお金を払いなさいよ」と言いたくなります。

#土のフエは一インチ(壽)

#国際人としてのつき合いで相手に言わないでほしいことがもうひとつあります。それは「われわ
れ日本人は――」「私は日本人だから――」という言葉です。

|

« 体重83.6kg 23.7%・ウヰスキー148 | トップページ | 買った漫画4「探査機はやぶささん」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体重83.6kg 23.7%・ウヰスキー148 | トップページ | 買った漫画4「探査機はやぶささん」 »