« 307 貧困なる精神 第16集 本多勝一 | トップページ | 309 段取り力 齋藤孝 »

308 マンボウ最後の名推理 北杜夫

 図書館より。青春出版社。

 腰巻には「あのマンボウが生涯の終わりに船に乗った!」とある。この本は2003年出版。北杜夫は確かに2011年に亡くなったが、こういう人の死を前提に宣伝する神経が理解できない。

#「にっぽん丸殺人事件」は、雑誌「旅」にその船で何か推理小説を書けば妻と二人でロハで乗船できるというので、東京からサファリンへのクルージングに乗せて貰ったときに書いた。
 身も蓋もない。

 ううむ。一番おもしろかったのが私が最初に読んだ『航海記』だったのであろうか。図書館にはまじめな方の本しかないようだ。

|

« 307 貧困なる精神 第16集 本多勝一 | トップページ | 309 段取り力 齋藤孝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 307 貧困なる精神 第16集 本多勝一 | トップページ | 309 段取り力 齋藤孝 »