« フリードに走行中テレビキット(前編) | トップページ | 342 あたりまえだけど、とても大切なこと ロン・クラーク »

フリードに走行中テレビキット(後編)

前編に戻る
【注意】運転中ナビの画面を注視することは禁じられています。あくまでも同乗者のためのものです。

Cimg5462

 リムーバでぐりぐりしたら外れました。力任せでなくてツメを探してそこを外す。よく見たら前編の最後の写真でもう外れています。
 上にコネクタが見えます。これかな。
 この写真だと指が短い人に見えますね。

Cimg5463

 違いました。形も大きさも別物です。

Cimg5464

 どれやねん。説明書には「本商品と同型の7ピンコネクタ」とあります。一つ一つ外しては確かめます。

Cimg5468

 上から見たところ。本体右側、写真中央、黒と灰色のツートンのコネクタです。

Cimg5469

 収める前に動作確認。シフトレバーがPでない(たぶんD)がテレビが映っています。成功です。

Cimg5470

 ところが素人の浅はかさ。リムーバを突っ込んだところ、傷ができています。プラスティックが負けています。

Cimg5471

 逆の左側。実用的には気になりませんが、新車でこれはちょっと。

(まとめ)
 作業時間は30分程度でそんなに長くありません。ところがリムーバの傷がついてしまいました。技術力の問題か。それともほかの方々のように養生テープでぐいっと引っ張るほうがよかったでしょうか。
 品物としては挿し込むだけでよかったです。テレビだけではなく、サウンドコンテナ(ハードディスクに入れたCD曲演奏モード)の曲名も表示されるようになりました。パーキング信号と車速信号を送っているのです(たぶん)。

|

« フリードに走行中テレビキット(前編) | トップページ | 342 あたりまえだけど、とても大切なこと ロン・クラーク »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フリードに走行中テレビキット(前編) | トップページ | 342 あたりまえだけど、とても大切なこと ロン・クラーク »