« 週末の過ごし方20121010 | トップページ | 366 さよなら、気まずさたち フロンツ »

365 「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本 竹下さくら

 図書館より。日本経済新聞出版社。

 文字通り保険のイロハ。「保険が必要か」から始まり、さまざまなケースに答え、図表が多くわかりやすい。文章も明るく丁寧である。
 第3章の「ライフスタイル別保険活用のポイント」が特に明快で参考になる。

*保険料は手取り収入の1割以下に
*保険の「険」は危険な外敵から身を守ってくれる要害の意味
 「箱根の山は天下の険」。
*日本では我が家が出火元になってお隣さんの家を燃やしてしまっても、損害賠償しなくてもよい(天ぷら油を火にかけながら長電話、など重大な過失や故意の場合を除く)

|

« 週末の過ごし方20121010 | トップページ | 366 さよなら、気まずさたち フロンツ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末の過ごし方20121010 | トップページ | 366 さよなら、気まずさたち フロンツ »