« タイマー時計修理 | トップページ | 週末の過ごし方20121230・ウヰスキー172 »

393 繁盛店が必ずやっているPOP最強のルール 沼澤拓也

 図書館より。ナツメ社。

 POPとはpoint oif purchaseの略であり、購買時点広告を意味する。独特の明るい字で「たまご98円」なんて店頭にあるあれだ。そのPOPの作り方が懇切丁寧に説明されている。こういうマニュアル本はナツメ社の十八番。もしお店をやっていたら絶対に欲しいなと思わせる一冊。オールカラーでPOPの見本を見ているだけで楽しくなる。

#商品の特徴の中で、他の商品よりも優れている点をセリングポイントといいます。
 セールスポイントではないのか。

#源内は「土用の丑はうなぎの日」という有名なキャッチコピーをつくりました。うなぎの旬は冬です。

*セールPOPのレイアウト: 上から「タイトル・キャッチコピー」「メーカー名、産地」「商品名」「数量」「価格」(価格は遠くから見えるように、紙面の四分の一から三分の一のスペースを取る)

|

« タイマー時計修理 | トップページ | 週末の過ごし方20121230・ウヰスキー172 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイマー時計修理 | トップページ | 週末の過ごし方20121230・ウヰスキー172 »