« ワイン18「フィリップ・ド・メリー マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」 | トップページ | 図書館534 »

タイヤチェーン

 今年の冬はクルマの運転に自信がない。去年の秋にクルマを買い、4WDがFFになった。さらに春に転勤があり、雪深い山岳地帯に通うようになった。
 気をつけて運転していたが、下り坂でスリップ(正しくはブレーキをかけたときのスリップはスキッドというらしい)をしてもう怖くなった。

 黄色いカー用品店へ。たくさんあるかと思ったが、ノーマルチェーンしかない。タイヤの側面に書いてある数字を見て、チェーンを選ぶ。7,800円。
 レジへ。「数字は合っていますか? 適応表は見ましたか?」 数字は合っているが、適応表で「未検査」になっていることを伝える。
 係員が代わったり、奥に引っ込んだりとあったが、結局はこれを買わず、適応表でマルになっているものの注文を勧められた。
 なんて良心的な対応なんだ。
 タイヤサイズは合っているのだから売ってしまえば店の儲けになるではないか。適応表のマルになっているものを、カタログにマーカーで印をつけてくれた。そこまで親切にされたらほかで買えないではないか。ただしマルになっているものは非金属チェーンばかりで、2、3万円する。ひょっとしてノーマルチェーンは「看板」か。
 この項続く。

|

« ワイン18「フィリップ・ド・メリー マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」 | トップページ | 図書館534 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイン18「フィリップ・ド・メリー マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」 | トップページ | 図書館534 »