« 検索フレーズ2013年5月 | トップページ | 週末の過ごし方20130428・ウヰスキー184 »

446 なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか? 北川邦弘

 図書館より。プレジデント社。副題、3000人のお金相談でわかった「金持ち思考」と「貧乏思考」。

 お金について人を二つに分けると、お金に恵まれる人と、お金との縁が薄い人がいると一般には思われている。著者の見立てはそうではない。お金に縁がある人の中にも、お金を貯めるのが得意な人と、お金を増やすのが得意な人だ。
 私はどうやら後者ではないらしい。むしろがちがちの前者だ。家計簿をつけるのが好き。ポイントカードも、割引券も大好き。
#500円玉貯金に励む人は、小金をためて終わるだけ
#貯金箱という利回りゼロの箱
 貯金箱は盗難の危険もあるし、インフレにも弱い。

 「複利のマジック」という言葉も頻出する。しかし私には投資には縁がない。とりあえず貯金箱を捨てることにしよう。

*高卒で工務店に就職した人。楽しそうに仕事をし、給料から余った資金で投資をしている。
#「一生懸命やる、へこたれない、感謝する、ただそれだけっス」

*著者は人間ドックに検査を受けていれば入院の可能性は少ないと感じた。医療保険を全部やめてしまった。医療保険料として払っている毎月の額を積み立てて、8%複利運用で投資する。健康のままだったらこのお金は自分の好きなことに使える。

 最終章に進むべき具体的行動が書いてある。
#① 自分の持てる力を磨き、稼ぎ力を高める。
#② より質の高い生き方を求めて、ライフプランを作る。
#③ お金の余裕が少しでもできたら、国際分散投資を始める。
#④ お金を増やして得られる人生の成果を、具体的に決める。
#⑤ 志の高い人と付き合い、メンターやコーチを作る。
 この、国際分散投資というのがキーワードのようで、本文中に何度も登場する。

|

« 検索フレーズ2013年5月 | トップページ | 週末の過ごし方20130428・ウヰスキー184 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検索フレーズ2013年5月 | トップページ | 週末の過ごし方20130428・ウヰスキー184 »