« 週末の過ごし方20130519, 20130526 | トップページ | 献血26 »

459 貧困なる精神 20集 本多勝一

 図書館より。すずさわ書店。

 まったく個人的なことであるが、これでこのシリーズを読みきった。この巻だけなかったので、遠いところの図書館から取り寄せてもらった。ありがとうございます。

 さてこの本の三分の二は山岳についてである。遭難事故におけるリーダーの責任。そして自らの山登り。『「魔の山」富士山』では毎年死者が出ていることを知らせている。
 しかし楽しげなのは「夏休み、オジサンたちはヒマラヤをめざした」である。著者を隊長に、六人の「オジサン」が処女峰シャハーン・ドクを目指す。「夏休みが終わるので時間切れ」など切ない場面もある。主峰登頂はならなかったものの、別の峰にアタック。頂上で記念写真。肘を伸ばし右手を高々と上げる著者は格好いい。

*ユースホステルブームってありますね。ヨーロッパで盛んな、素晴らしい青少年運動。ところが、日本に入ってくると、簡易宿泊提供場運動となっちゃうんですよ。

#中絶をする女たちの姿はなんと孤独なことか。妊娠は、女と男の二人の行為の結果なのに……(映画パンフより)

|

« 週末の過ごし方20130519, 20130526 | トップページ | 献血26 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末の過ごし方20130519, 20130526 | トップページ | 献血26 »