« 456 ララチッタ ハワイ島・ホノルル JTBパブリッシング | トップページ | 457 小さな会社儲けのルール 竹田陽一・栢野克己 »

腱鞘炎

 仕事のしすぎて手首が痛い。筋肉痛だと思っていたが、2週間も痛いのでこれは大変と医者へ。
 前にも書いたがこの病院は6:30受付開始。受け付けて帰宅、朝食。ゆっくりして8:30に待合室へ。

 若い男の整形外科と。
「ここは?
「大丈夫です
「ここは?
「あ、痛いです
「ここは?
「痛いです
「伸ばしてみて
「痛たたたた!
 コントである。

 レントゲン。

 結果は腱鞘炎。腕にはトンネルがあってその中に二本の筋肉があるが、それを使いすぎて炎症を起こし痛みが起きている、とのこと。

「痛み止めの注射を打ってみますか
 私は献血マニアである。注射など怖くない。

 手首に注射。「うおっ

 ちょっと痛かった。献血より細いから甘く見ていた。針の太さより、痛覚神経の集積度だ。

診療費: 1,750円
薬剤料: 450円

 薬局ではジェネリック医薬品を勧められた。

メロキシカム錠: 痛み止め 夕食後 (モービックの後発)
レパミピド錠: 胃の粘膜の保護 夕食後
ロキソニンテープ: 貼付 (ツーンとして気持ちいい)

 黙っていれば大丈夫だが、クルマのシートベルトを引っ張るときや、お湯の入った風呂桶を握るときに痛い。なんでも左手で触る習慣ができた。

  

|

« 456 ララチッタ ハワイ島・ホノルル JTBパブリッシング | トップページ | 457 小さな会社儲けのルール 竹田陽一・栢野克己 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 456 ララチッタ ハワイ島・ホノルル JTBパブリッシング | トップページ | 457 小さな会社儲けのルール 竹田陽一・栢野克己 »