« 献血:エマージェンシーボトル | トップページ | 図書館613 »

470 人生にはいらない人間関係がいっぱいある 高橋龍太郎

 図書館より。青春出版社。副題、気持ちをラクに生きるヒント。

 著者は精神科医で、ラジオ人生相談を担当している。その調子で相談者の愚痴を受け止め、「割りきりましょう」などとやんわり受け流している。

*阪神の今岡は野村監督に「フォームが変だ変だ」と言われ続けたが直さなかった。監督が変わった途端に直して大活躍した。

#精神科医の仕事というのは、八割が「聞く」ことなんです。

*小銭を貸すと「返して」と言いづらい。「一万円ならある」と言えばよい。断られたらそれでいいし、貸したら堂々と請求できる。

#男性はか細い性で、女性ほど自己愛は強くないし、本音はいつも自信喪失スレスレで、競争社会を生きているんです(だからいつでも自信回復させてくれる母親のところに戻るんですよ。これがマザコンの正体)。

*「自分をわかってもらえない」と愚痴る人には、「本当にわかるって、どういうことなの?」と聞く。「気持ちを理解してくれること」と返事が来たら、「あなたの気持ちを理解したら、何かが変わるわけ?」と追い打ちをかける。

|

« 献血:エマージェンシーボトル | トップページ | 図書館613 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 献血:エマージェンシーボトル | トップページ | 図書館613 »