« 懸賞白書11「ニフティ宝くじ」・スネール | トップページ | ポーシャの自由研究2013 »

501 「超」入門失敗の本質 鈴木博毅

 図書館より。ダイヤモンド社。副題、日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ。

 まず『失敗の本質』という組織論の本があり、これはそのダイジェストである。
 日本軍は過去に勝利した方法を踏襲しようとする(体験的学習)。日本軍は練度を上げ、達人を育成する。
 米軍はどうして勝つことができたか検証する。米軍は誰でも上手くいくシステムを作り出す。米軍は現場の意見を大事にする。米軍はトップが現場を自分の目で見る。米軍は戦いのルールを変える。米軍はリスクを周知し、注意回避させる。

*イノベーション3ステップ
*1 戦場の勝敗を支配している「既存の指標」を発見する
*2 敵が使いこなしている指標を「無効化」する
*3 支配的だった指標を凌駕する「新たな指標」で戦う

*珊瑚海海戦のあと、米海軍は三人のエリート戦闘機乗りを本国に呼び出し、意見を求めた。またグラマン社の社長は自ら真珠湾に飛び、零戦と戦ったパイロットにインタビューをした。

|

« 懸賞白書11「ニフティ宝くじ」・スネール | トップページ | ポーシャの自由研究2013 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懸賞白書11「ニフティ宝くじ」・スネール | トップページ | ポーシャの自由研究2013 »