« 週末の過ごし方20131028 | トップページ | 買った漫画33「キン肉マン44」 »

520 まんがで読破 種の起源 ダーウィン

 図書館より。イースト・プレス。漫画、バラエティ・アートワークス。

 世は19世紀、まだ科学より宗教の力のほうが強かった時代。名門エディンバラ大学で医学を学ぶもなじめず、博物学者を志す若き日のダーウィン。彼は体を張った研究で進化論を構築する。妻・エマとの出会いが情熱的に描かれているが、エマは経験なカトリック信者で、進化論には反対の立場をとる。エマの葛藤も見どころ。

*妻エマはウェッジウッド一世の孫娘。チャールズの母もウェッジウッド一世の娘。
 ダーウィンはいとこ婚。

*自然選択説の三つのポイント
*変異; すべての生物には個体差がある
*適応; 生存競争(適者生存)において個体差が有利不利を決定する
*遺伝; 有利に適応した個体が子孫を残し変異が遺伝子を累積する

|

« 週末の過ごし方20131028 | トップページ | 買った漫画33「キン肉マン44」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末の過ごし方20131028 | トップページ | 買った漫画33「キン肉マン44」 »