« 550 まんがで読破 四谷怪談 バラエティ・アートワークス | トップページ | 552 カメラの教科書 岡嶋和幸 »

551 まんがで読破 マクベス シェイクスピア

 図書館より。漫画、バラエティ・アートワークス。

 名作。太宰の『ヴィヨンの妻』を手がけた漫画家と思われるが、臆病と野望の間に揺れるマクベスが、狂気に染まっていく様は文庫サイズを思わせない迫力がある。物語も素晴らしい、と思ったがシェイクスピアの四大悲劇に何を言っているのか。

#消えろ消えろ つかの間のあかり
#人の人生は歩く影法師
#あわれな役者だ
#舞台で騒ぎ 見栄をはり
#舞台が終われば消えていく
#まるで愚人の語る物語…
#何の意味もないのだ
 シェイクスピアは座付き作家にして役者でもある。

#くそっ…魔女だ 魔女どもめ! すべて奴らのせいだ…!!
#違う! お前のその弱き心が魔女を呼び寄せたのだ!
#お前の中に潜む弱き心が諸悪の根源でありその弱き心がこの国に悲しみの声を響かせたのだ!!
 マクベス対マクダフの決闘。

 

|

« 550 まんがで読破 四谷怪談 バラエティ・アートワークス | トップページ | 552 カメラの教科書 岡嶋和幸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 550 まんがで読破 四谷怪談 バラエティ・アートワークス | トップページ | 552 カメラの教科書 岡嶋和幸 »