« 574 まんがで読破 白鯨 メルヴィル | トップページ | 週末の過ごし方20140302・ウヰスキー208 »

575 まんがで読破 古事記 バラエティ・アートワークス

 図書館より。イースト・プレス。

 高校生が授業のレポートで『古事記』を発表することになり、司書教諭が助けてくれるという設定。古事記の物語を追うだけでなく(そもそも分量からしてダイジェストにしかならない)、それが何を象徴しているか、日本文明独自論のテイストで説明してくれる。

*スサノオが忌服屋(いみはたや)の屋根から皮を剥いた馬を投げ込んだら機織女の陰処(ほと)に梭(ひ)が刺さって死んでしまった、という話は強姦。
*天の岩戸で天宇受賣命が「胸乳をかき出で裳緒を陰に押し垂れき」とあるが、一心不乱な様子を表していて、裸踊りを見て神々が笑ったという解釈は間違い。アマテラス不在で真っ暗だから見えるわけがない。アマテラスは笑い声を聞いて自分から扉を開けた。心の病には自分から復活しようという気持ちと、周囲の援助との両方が必要。
*草薙の剣; 英知と勇気
*八尺の鏡; 鏡は「鑑みる」で、自己反省
*八尺の勾玉; 勇気と自己反省によって出来上がる徳
 「八咫の鏡」ではないかと調べたら、これは『日本書紀』の表現。

  

|

« 574 まんがで読破 白鯨 メルヴィル | トップページ | 週末の過ごし方20140302・ウヰスキー208 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 574 まんがで読破 白鯨 メルヴィル | トップページ | 週末の過ごし方20140302・ウヰスキー208 »