« 体重86.5kg 24.5% | トップページ | 584 ロンドンA to Z 小林章夫 »

583 まんがで読破 「いき」の構造 九鬼周造

 図書館より。イースト・プレス。

 盗人だが改心して親方の元で大工修行を始める千太の成長物語。それはそれでいいのだが、「いき」とは何か。
 原著者によればこうだ。
#「いき」とは――運命によって「諦め」を得た『媚態』が『意気地』の自由に生きるのである

 もっとわかりやすいものはこれ。
#いきの美学を言いかえるなら「恋の束縛を超越した浮気心」です
#女遊びにうつつを抜かしていては身を滅ぼすため 適度な距離を保って楽しむくらいがちょうどいい
#相反するもの同士が交わってしまえばそこに残るのは無情です そうなる前にわが身をわきまえてあえて距離をおく
#そのいさぎよさがわれわれに特別な美をともなってうつるのでございましょう

 欲しいと乞い願いすっと手を引くのが粋なのかね。芋粥か。

 

|

« 体重86.5kg 24.5% | トップページ | 584 ロンドンA to Z 小林章夫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体重86.5kg 24.5% | トップページ | 584 ロンドンA to Z 小林章夫 »