« 週末の過ごし方20140321 | トップページ | ワイン28「おたるブラン(辛口)2012」 »

585 サトナカがゆく! 里中遊歩

 図書館より。全国農村教育協会。監修、今泉忠明。副題、風まかせ動物探索記。

 フリーランスのおっさんと動物学者の老人と中年漫画家がうろうろ歩くと動物に出くわす。ページをめくるとあれよあれよと動物が登場し、もう止まらない。オールカラーというのもすばらしい。ハンミョウの美しさはこうでないと。ヒルにページを割くのもまた現実的。

 巻末は編集者と座談会。生ジョッキと枝豆と唐揚げ。おっさんを写しても楽しくないのかつまみの写真をじっくり撮っているのがおかしい。

#インコとオウムは、呼び名が違うだけで、すべてオウムの仲間である。
*ミドリガメを捨てる話; (もらい手が)見つからない場合は自ら手をかけてでもその生命の最後を見届けるくらいの覚悟がなければ、安易にイキモノたちを飼育するべきではない。
*「カブトムシにスイカを食べさせると下痢をする」という話は本当。液体状のフンをする。
*オオムラサキの英名は"Great Purple"
*タガメは「田亀」と書く
*ムササビは広葉樹の若葉や若芽を好んで食べる。縦に折って食べるので、食痕は線対称になる。
*(クマに向き合って)私達がおにぎりを放棄して逃げれば、その場は問題なく収まるであろう。しかし人間を見たら何か食べられると思って寄ってくるようになってはよいことではない。なんとしてもおにぎりだけは死守せねばならんのだ。

|

« 週末の過ごし方20140321 | トップページ | ワイン28「おたるブラン(辛口)2012」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末の過ごし方20140321 | トップページ | ワイン28「おたるブラン(辛口)2012」 »