« 図書館800 | トップページ | 647 ヒトはなぜ難産なのか 奈良貴史 »

646 この甲斐性なし!と言われるとツラい 長野伸江

 図書館より。光文社新書。副題、日本語は悪態・罵倒語が面白い。

 「バカヤロー」「ブス」「くさい」など罵倒する言葉のコレクション。

*ブス; おんな→なおん(逆さ言葉)→なおすけ(人をからかう助)→すけなお(逆さ言葉)→すけ(短縮)→ぶすけ(不器量+すけ)→ぶす(けを削除)
 附子(トリカブト)を食べたような顔という説はこの本では挙げられていない。

*『鳥獣人物戯画』の鳥羽僧正は『陽物くらべ』という戯画を描いた。両手で抱えるほどのものを台に乗せる男や定規を持った男、順番を待つ男たちが描かれている。

*ワキガは脇の香から来た。加齢臭が加齢香と呼ばれることはない。(カレー粉と紛らわしいためか)

*最上義光配下に高橋弾正之助英国という体の大きな勇将がいた。東北には彼の体に合う武具を作れる職人がおらず、「裸」と呼ばれていた。あまりに太っていたので「豚(ただしくはもちづきがない)之助」と呼ばれていたが、最上義光は彼の武勇を認めて「裸武太之助」と呼んだ。

*うんこはいきむ様子を表す「うん」にかわいがって言う「こ」がついた。「わんこ」や「にゃんこ」の「こ」に同じ。

*播磨風土記; オオナムチ(オオクニヌシ)と医療や穀物の神スクナヒコナは「粘土の土を担いで遠くに行くのと『くそまらず』(くそをしないで)遠くに行くのはどっちがやりやすいか」口論してやってみた。便を我慢しきれなかたオオナムチはその場に座って排便した。スクナヒコナは笑って担いでいた粘土をその場にぶちまけ、引き分けになった。
 これほどみっともない神話もないであろう。

  

|

« 図書館800 | トップページ | 647 ヒトはなぜ難産なのか 奈良貴史 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図書館800 | トップページ | 647 ヒトはなぜ難産なのか 奈良貴史 »