« 641 筆談ホステス 斉藤里恵 | トップページ | 643 まんがで読破 カーマ・スートラ バラエティ・アートワークス »

642 まんがで読破 悪霊 ドストエフスキー

 図書館より。イースト・プレス。漫画、バラエティ・アートワークス。

 ロシアの町に起きる連続殺人とそれに関わる男たちの奇妙な紐帯を描く。
 一読してテーマがわからなかった。ドストエフスキーがただの殺人ドラマを書くわけがない。
 正直まだ読み取れていないのだが、あえて言うと欧州に流行する選民思想を危険に感じ、アンチテーゼを発したのではないだろうか。

*人類を二つに分割するのです そして十分の一にすべての権利と自由を独占させ十分の九を人格を持たない言わば家畜の群れにするのです! その九割の人間を少しずつゆっくり何代かかけて改造していき…退化させるのです 衣食住と労働奉仕そして性交にのみ幸福を見出す…原始的純真を持つ幸福な奴隷を造り上げるのです

 階級社会や貧乏の再生産を思い出さずにはいられない。

  

|

« 641 筆談ホステス 斉藤里恵 | トップページ | 643 まんがで読破 カーマ・スートラ バラエティ・アートワークス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 641 筆談ホステス 斉藤里恵 | トップページ | 643 まんがで読破 カーマ・スートラ バラエティ・アートワークス »