« 628 まんがで読破 或阿呆の一生 芥川龍之介 | トップページ | 2014ゴールデンウィーク決算 »

629 まんがで読破 失われた時を求めて プルースト

 図書館より。イースト・プレス。漫画、バラエティ・アートワークス。

 見慣れない絵柄だが、女の子がかわいく描けていていい。特に青春時代のヒロイン、アルベルチーヌの屈託のない笑顔がその後の悲劇とコントラストを成している。

#私もまた時に逆らうことなく老いていたのだ!
#彼女(親友と妻との間の義理の娘)は私の失われた時そのものからかたち作られていたのだ!
#おそらく私の書物は私の肉体と同様にいつかは死が訪れ朽ち果ててゆくのだろう だが死ぬのはやむをえないことなのだ 永遠の命とは芸術にも人にも約束されていないのだ

 

|

« 628 まんがで読破 或阿呆の一生 芥川龍之介 | トップページ | 2014ゴールデンウィーク決算 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 628 まんがで読破 或阿呆の一生 芥川龍之介 | トップページ | 2014ゴールデンウィーク決算 »