« タブレットM1041S | トップページ | 661 まんがで読破 アンチクリスト ニーチェ »

660 お金になる「頭の使い方」 おちまさと

 図書館より。PHPビジネス新書。

 昔テレビのスタッフロールで「おちまさと そーたに」という字面を見た。漢字表記の中でこの二人だけが浮いて見え、記憶に残っている。

 ジョーズに憧れ、映画監督になりたいと思った子供時代。小学校で四本だけ記念のトーテムポールを作ることになり、オーディションになった。おち少年は正攻法では絵のうまい奴に勝てないと、バンドKISSのデザインを提案する。放送作家に志願し『元気が出るテレビ』のスタッフになる。オンエアされないと給料が出ないが、番組より野球中継が優先される。

 『百萬男』の話がよくできた寓話である。無作為に選んだ人に、「百万円あげるから五時間で使い切って。ただしギャンブルや借金返済、寄付は駄目。使い切れなかったら全額返済」。男性はたいてい家電店に入るが、それでも70万円は残ってしまう。高級寿司店でも2万円くらいにしかならない。焦ると自販機でコーラを何十本も買うという愚を犯す。
 つまりは普段から具体的なあこがれを持っているのかどうか、ということである。自分だったらどうする。

#企画を生み出すときには、「き=気づく」「か=考える」「く=くらべる」の三つのアクションをぼくは大事にしています。

  

|

« タブレットM1041S | トップページ | 661 まんがで読破 アンチクリスト ニーチェ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タブレットM1041S | トップページ | 661 まんがで読破 アンチクリスト ニーチェ »