« 661 まんがで読破 アンチクリスト ニーチェ | トップページ | 663 まんがで読破 羅生門 芥川龍之介 »

662 まんがで読破 国富論 アダム・スミス

 図書館より。イースト・プレス。漫画、バラエティ・アートワークス。

 おそらくオリジナル・ストーリーの工場経営の話はどうでもよく、アダム・スミス本人が経済について説明する語り口の切れ味がよい。特に165ページ以降はすばらしい。

*単純作業に従事している人間は問題解決のための理解力や工夫をこらす能力が自然と衰える。すると知的な活動どころか、豊かな情感、上品さ、判断力さえ失われる。不規則・不確かなことを嫌い、勇気を振り絞ることすら億劫になる。
*経済が発達するには、農業→産業→貿易の段階をへる。
*よい経済活動が行われるためには、国は国防、司法、公共事業の三つの義務を遂行しなければならない。

#人はときに改革を望む しかし改革を行うのであれば そのために損害を被る人々の感情を配慮して進めなければならない

  

|

« 661 まんがで読破 アンチクリスト ニーチェ | トップページ | 663 まんがで読破 羅生門 芥川龍之介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 661 まんがで読破 アンチクリスト ニーチェ | トップページ | 663 まんがで読破 羅生門 芥川龍之介 »